国際忍者協会 国際忍者協会(簡易版) / 忍者の隠れ日記

タイトル画像

御案内

今日の日記

今日の日記です。最も今日に近い日記です。

禁忌の果樹園

2006年7月21日(金)

実家から送られてきたさくらんぼだが、結局酒で漬けることにした。冷蔵庫のあまりの冷えっぷりで半分凍っていて、もはやぶよぶよで生ではとても食えない状態になっていたゆえの苦肉の策であるが、単に生食に飽きたからという理由も大きい。しかし、今回漬けるのは、焼酎ではなくブランデーである。以前、ラ・フランスを焼酎付けにした事があり、コレは飲みきれずに実家に持っていってしまったが、今度のブランデーは多分飲みきれるであろう。私はどちらかというと、焼酎よりも洋酒の方が飲み慣れているゆえに。

さて、早速ブランデーと瓶を買ってきて、ネットなどで漬け方を調べてみる。ラ・フランスの時は砂糖を入れなくてもそこそこ飲めたが、さくらんぼは果肉が少ないゆえに砂糖を入れないと美味くないらしい。が、漬ける為の氷砂糖を買い忘れてしまったので、香典返しでもらったグラニュー糖(コーヒー用)を入れることに。一応成分的には同じなので大丈夫…だと思うが、底にもっさりと溶けずに溜まった砂糖の塊が私の不安を煽る。

…というのが一週間前の話で。

現在は一応、砂糖は徐々にではあるが溶けてきているようである。さくらんぼは赤身がすっかり抜けて黄土色になっていた。味見をしてみると、ただ甘いだけのブランデーで、さくらんぼの風味はまだまだといったところ。簡単に言うと、不味い。本当にこんなんで人の飲めるものができるのかどうか、甚だ不安である。